スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豪雨

今日は雨である。 



まぁ…豪雨…ともいう。



21時頃まで仕事をしていて、夕方頃から とてつもない量が降っていた。









大橋辺りに住んでいる先に帰った会社の者から、

同じく大橋辺りに住む者に連絡が入り、

膝くらいまで水がきてるので気をつけろと連絡が入っていた。












ちょうど帰る時間が同じになった会社のYと(ちなみに方向も同じ)

どしゃ降りの中歩きつつ




「あそこ 水に浸かってたりせんよねぇ…」

Y:「まさかぁ、この辺りはまだ大丈夫じゃないですか」



などと話しつつ現場へ(帰る途中の地下道)。

先に進んだ僕が目にしたもの…




















地下道(大野城市)


はぅわっ






Y「どうしたんですかっ?」

ちゃんと人の反応を見てから状況を見ようとする 空気が読めるYである。







「これ凄くない!・…渡れんばい」
















Y「すっごいですね。」 ちなみに反応は薄かった。。









「よし、今日のブログ用に写メや写メ!」

気合を入れて携帯を取り出すと

















{電池残量がありません}















こぉのっ バカチーン



そんな表示を出すエネルギーあるんやったら一枚くらい撮る気合を見せろー














そうこうしていると、向こうの方から見回りか何かわからないが
カッパに見を包んだ素敵な紳士が現れ

「向こうから周って行ってねー、ここ通ったら濡れるよー」と僕たちに促している。


濡れるとか濡れないとか言う問題ではないんじゃないか?というかすでに、かなり濡れてしまってるし…という心の中の突っ込みはさておき




写メを撮れていない僕がなんとか撮れないものかとやっていると


後ろにいたY…



















Y:「もう撮りました。後でメールで送ってあげますから」
















わしゃ子供か!? 腹立つ。笑




コメント


きっと床上浸水して困ってる人も沢山いるんでしょうねー
俺とか俺とか俺とか(;´Д`)

まさか!

浸水しちゃったんですね。濡れた米は食べないよーに!!笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://analogstyle166.blog82.fc2.com/tb.php/148-7101c597

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。