FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過去の遺産

以前僕はギターにはまっていた。

アコースティックギターからエレキに行き、
エレキといえばエフェクター!


歪ませてナンボ…ではないが
必然的に色々なエフェクターを集めたくなるのが人情というもの。


しかし、人と一緒のは嫌だ。
僕はもともと物を作るのが大好物。
機械も得意なほうだ。





















自分で作ろう!








ネットというのは便利なもので何かを作ろうと思った時、ちょっと調べると
出てくる出てくる。


回路図の見方なんかを本やネットで調べ、
いくつか作ると、だんだん今まで分からなかったことがわかるようになる。
(この時点で大分ギターからは遠のいてしまっているが…。)



いわゆるギターのアンプのヴィンテージものというものは
いきつく先は真空管。


見たこともない人が多いと思うが、


ギターマガジンとか機材関連の本を読むと、
ミュージシャンが結構「真空管の音はアナログなので温かい音がする」
みたいなコメントをしている。

が、真空管アンプは普通に買おうとすると
かなーりお高い値段。
















作ればいいじゃん!














これまたフェンダーの昔のシンプルなアンプの回路図を探し、
製作。
真空管アンプが作れるようになると、やはり次にくるのは
オーディオ用の真空管アンプ。



いきついたのはこれ。


tubeamp.jpg


オーディオ用の真空管アンプ。

2年程前に作り、少し使って、その後はリモコンがなくて使い勝手が悪いと
直しこんでいたもの。


久々に聴いてみる。


いいねぇ~

なんか音が温かいっていうの、すごく分かる気がするねぇー。















なんであの一時期、あんなにはまったんやろ…?笑


ちなみに左側にみえるスピーカーも…(作りました。)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://analogstyle166.blog82.fc2.com/tb.php/59-042f5052

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。